電気毛布の洗濯でコネクタ(接続部分)はどうする?危険だから手洗いの方がいい?


電気毛布って普通に洗濯したら
コネクタ壊れるかも・・・・。

そう思っているあなた!実はコネクタ部分は
水で洗っても全く問題ないんですよね(笑)

でも、それはその電気毛布の表示によります。
中には水洗いできないものもありますので、
そこら辺を間違うと取り返しのつかない事に
なりかねません(汗)

以下に洗濯可能な電気毛布の洗濯表示や
手洗い方法や注意点を書きましたので、
どうぞご確認くださいませ。

スポンサーリンク

洗濯でコネクタ(接続部分)に水が入っていいのか?

電気毛布の洗濯でコネクタなどの接続部分に
水が入ることを心配する人は多いと思います。

かくいうボクも最初は「これ壊れんじゃね?」
と思っていました。ですが、これどうやら
大丈夫みたいなんですよね(笑)

ですが、それは電気毛布の
『洗濯表示』によります。洗濯表示とは、
その洗濯ものをどう洗っていいかについての
指示のことですね。下の表を見てみましょう。

沢山あって意味がわからないと思いますが
とりあえず一般的なものに赤丸を付けておきました。

一般的な洗濯物を洗っていい方法は赤丸の
四つがメジャーですね。それは、

  • 洗濯機洗い可=四角の中に40と書かれたもの。電気毛布をそのまま入れても大丈夫。
  • 洗濯機または手洗い=四角の中に30と書かれている。洗濯機の場合は水流を弱に。
  • 手洗い=おけの上に手洗いと書いてある。洗濯機の使用は不可。
  • ドライ=ドライクリーニングのみ。洗濯機にドライ機能がない場合はクリーニング屋さんに頼む必要がある。

以上の四つになりますが、基本的に自宅で
洗濯できるものがほとんどです。

洗濯機で毛布を洗う際は毛布を畳んで
コネクタ部分を内側に隠すようにして
洗濯ネットにいれましょう。
そうするとコネクタ部分が傷つく心配がありません。

あと注意しなくてはならないのは
『水洗い不可のもの』です。
上の表示で言うなら手洗いの下に書いてある
桶にバッテンが書いてあるものですね。

最近の電気毛布は大抵洗濯機や水洗いのもの
ですが、ちょっと昔のものなどは水洗いが
不可の物などもあるようですので注意が必要。

○○○○〇○○○○○○〇○○○○○○○○〇

 手洗い表示の電気毛布の洗い方

手洗い表示の電気毛布の洗い方はそれ程
難しくありません。

お風呂場などに行って浴槽に水を少しためて、
洗剤を入れます。

あとはそのまま、押し洗いや踏み洗いなどで
汚れを落としていきます。汚れがひどい場合は
少しつけておくとさらに良く落ちます。

洗い終わったら今度はその電気毛布の洗剤を
落としていきます。適当なところ、例えば
浴槽のふちなどにかけてシャワーで洗いながしましょう。

最後に脱水ですが、これも電気毛布を
押すようにして脱水します。
くれぐれも絞らない様に!電気毛布の中には
導線が入っていますから絞るとそれらを
傷つけてしまいます。

脱水が完了したら、最後にその毛布を日陰に
干しましょう。冬場などは天気のいい日を
選ぶといいでしょう。

スポンサーリンク

 洗濯時の危険性や注意点

洗濯時の注意点ですが、以上を守っていれば
基本的にそれほどの危険性はないでしょう。

まとめると以下のようになります。

  • 洗濯表示を確認して洗濯機で洗えるか等を確認する。
  • 洗濯機で洗う際はコネクタ部分が傷つかない様に!
  • 水洗いできないものは絶対に水につけない。
  • 手洗いで電気毛布を脱水するときは絶対に絞らない。

気を付けるべきことは、以上の4点ですね。

まとめ

では今回のまとめです。

  • 電気毛布を洗濯する時はコネクタ部分を
    危険視する必要はない!
  • 手洗いの物は洗濯機不可!

以上になります。

それでは今回はこの辺で失礼します。
読んで頂きありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする