【中国人女性】危秋潔さんの行方を考察!経歴や手紙の内容の真相は?


北海道で行方不明になった危秋潔さんの
行方が気になりますね。

彼女は7月23日を最後に目撃情報が断たれていますから、
何かの事件に巻き込まれたのではと心配されています。

もしくは自殺?とまでいわれていますから尋常ではないですね。

今回は危さんの行方や経歴、家族にあてられた
手紙の内容から彼女が現在どうしているのか

考察していきたいと思います!

スポンサーリンク

中国人女性、危秋潔さんの行方

中国人女性の危秋潔(き しゅうけつ)さんが
行方不明になったわけですが、

最後に彼女が目撃されたのは
『阿寒湖』だと言われています。

とれも綺麗なところなわけですが、
危さんは自殺なんじゃないかと
まことしやかに噂されていますね。

ですが、ボクはもしかしたら
違うんじゃないかと思うんですよね。


↑これが自殺を考えている人間の顔に見えます?
普通に笑ってますやんww

一応、危さんが日本についてから
行方が分からなくなるまでを見てみましょう。

  • 7月18日=日本に到着
  • 7月19日=洞爺湖に観光
  • 7月20日=小樽でゲストハウスにチェックイン
  • 7月21日=美瑛町
  • 7月22日=札幌
  • 7月23日=阿寒湖(最後に目撃)

危さんは7月25日まで日本にいる予定でしたが、
23日の阿寒湖の目撃から行方不明になっています。

もしかしたら熊に襲われたのではとも言われていますが、
両親への手紙が置いてあったことから

あまり考えられないですね。

 危さんの経歴や家族について

危さんの経歴をザット見てみましょう。

名前:危秋潔(き しゅうけつ)

年齢:26歳

生年月日:1990年10月17日

職業:教師

国籍:中国

滞在目的:観光

危さんは教師の資格をもっていたそうですね。

今回日本には観光に来たみたいですが、
なぜ北海道なのかは不明です。

かなり美人ということもあって、
何かよからぬ事件に巻き込まれたとも
ウワサされていますが、

実際のところはどうかは不明です。

家族のかたについて


↑危秋潔さんのお父さんの危華先(き かせん)さん。

娘を一刻もはやく見つけて連れ戻したいと言ってますが、
そりゃ、親なら当たり前でしょう。

娘がわけわからない所(まあ、日本なんですが)で
蒸発しちゃったら心配にもなります。

でも、なんでしょうか。
この『連れ戻したい』って言葉になんか
違和感を感じるのはボクだけでしょうか?

危さんの衝撃的な手紙の内容について

危さんが家族にあてた手紙の内容なんですが、
実はこれがかなり衝撃的です。

今までの自殺説とか殺人説を全てヒックリ返すほどに。

危さんの手紙の内容はこんなものだったそうな。

育ててくれてありがとう、(日本で)新生活を始めます

ファッ!?ですよww

要するに危さんは中国での生活に
満足していなかったみたいなんですね。

だから、今回の観光を機に自分の人生を一新したいと、
ご両親に感謝と別れの手紙を書いたという訳です。

先のお父さんの『連れ戻したい』ってのも
多分娘さんが生きているってわかってたから

確信があっていった言葉なんじゃないでしょうか。
そうなると結構しっくりくるんですよね。

じゃあ、なんで危さんはそんなことを思ったのでしょうか?

スポンサーリンク

 行方不明の真相

あなたは『そして一粒のひかり』という
映画を見たことがありますか?

アメリカの映画ですが、
コロンビア人の少女が家族を経済的に助けるために
麻薬をコロンビアからアメリカまで密輸する話なんですが、

色々あって、少女はアメリカの豊かさと本国の
貧しさのギャップに考えさせられます。

最終的に彼女はコロンビアには帰らずに
アメリカで新たな人生を歩むことを決意します。

まあ、言ってしまえば不法滞在なんですが。
一応いい映画ですよ。

今回危さんの友人も彼女が日本に残るということは
なにも知らなかったそうです。

もしかしたら、危さんは最初は残るつもり
なんかなかったんじゃないでしょうか?

でもあまりにも美しい日本の景色や
本国とは比べ物にならないほどの自由を目の当たりにして

こりゃ、日本に残るっきゃないっしょと。

まあ、わからなくもないですが、
不法滞在はダメ!絶対!!

ちなみに、もう北海道にはいないかもしれませんね。

まとめ

では今回のまとめです。

  • 危秋潔さんの行方は阿寒湖が最後。
  • 危さんは手紙で日本で新生活を送ると書いていた。
  • もしかしたら不法滞在をする可能性。

以上になります。

自殺だ事件に巻き込まれたと、
色々言われていましたが、

驚くべき新事実が明らかになりましたね。

まあ、仮に日本に残るとして、
危さんが次に行くところは東京とかでしょうか。

夜の仕事などは多分中国とは
比べ物にならないほどの給料になりますからね。

それこそ教師なんてアホくさくなるんじゃないでしょうか。

それではこの辺で。サンキュージェントルマン!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする