【新潮記者】松井一代が惚れた塩顔イケメンなる人物とは誰か!?


松井一代にあらたな春が到来か!?

7月22日の東スポで松井さんが雑誌
週刊新潮の記者に惚れちゃったと書かれていましたね。

この記者さん20代後半ということで、
松井さんよりかなり年齢がしたですが

どうなんでしょうかね?ミャクありでしょうか?

ということで、今回は松井さんが惚れた
新潮記者をサルベージしてみました!

スポンサーリンク

松井一代が惚れた新潮記者について

松井さんが惚れた新潮記者の男性についての
情報は現在あまりわかっていないようですが、

どうやらキッカケはかなり運命的なものを感じますねw

というのも松井さん以前に週刊文春に
裏切られたと言っていましたから、

おそらくもう雑誌のインタヴューなどは
こりごりだったんじゃないでしょうか?

実際松井さんは週刊誌などのインタヴューの電話は
かかってきても出ないようにしているようですが、

その時鳴った電話をたまたま(気まぐれ)
出たら新潮からのものだったそうです。

フム、これはどうやら運命の予感がしますね~。

その後に松井さんは週刊新潮で六時間に及ぶ
インタヴューを受けていて、

おそらくその時の記者さんに惚れてしまったのでしょう。
恋のキューピットも気まぐれなものですw

そんな松井さんの惚れた記者さんですが、
どうやら今流行りの塩顔男子ということですが、

塩顔って一体どんな顔なんでしょうか?
具体的にしりたいです~!

スポンサーリンク

いま流行りの塩顔とは

最近ちょいちょい耳にしますよね。

ある記者の話によると坂口健太郎
クリソツとのことですが・・・・・。

あ~なるほどね。こういう顔の事を塩顔というんですか。

要するに美形ではないイケメンですね。
優しそうな感じと言いますか。

同じ理由から以下の人達も塩顔といわれていますねw


↑俳優の高橋一生さん。たしかにたしかに。


↑同じく俳優の綾野剛さん。

ナルホド、言われてみれば塩っぽい顔してますね!
うん、なめたら程よい塩味がしそうな顔です。

松井さんが惚れた新潮記者はこんな感じの顔だったようですが、

20代後半ということもあってか、
松井さんとはちょっと歳が離れすぎているようですね。

色んな意味でドえらい人に好かれてしまったようですが、
まあ、どうなるかは今後の展開を多いに楽しみにしましょうか。

まとめ

では今回のまとめです。

  • 松井さんの惚れた新潮記者は20代後半の塩顔男子!
  • 坂口健太郎さんに似ているらしい。

以上になります。

今回の片思いはどうなんでしょうか?

記者の人も嬉しくはないかもしれませんねw

船越さんも松井さんにはDVを振られたと言っていましたし、

恐らく今回は松井さんの片思いで終わるんじゃないでしょうか?
まあ、それで終われば幸いなんですけどね・・・・・。

では今回はこの辺で。オールヴォワール、ジェントルマン!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする