豊田真由子が言ったチョギの意味とは?!これは差別発言なのか?


ど~もです、紳士の皆さま!
ヤドカリ男のセージです!

豊田真由子さんの新たな発言が話題ですw

その名も『チョギ』!!!

聞いたことない言葉ですが、
何かの方言かなんかでしょうか。

どうやら韓国語らしいですが
今回はこのチョギという言葉の意味を

サルベージしてみました!!
早速見てみましょう。

スポンサーリンク

豊田真由子が言ったチョギは韓国語か?

豊田真由子さん言ったチョギとは
多分韓国の言葉だと思います。

意味を調べると色々とでてきますが、

  • 低気圧
  • 温帯低気圧
  • あちらこちら
  • すいません
  • あそこ
  • こちら

などの意味になります。

どれも悪口ではないですねww

豊田さんは一体何を勘違いして
チョギと言い放ったんでしょうか?

ちなみに『あそこ』という意味もありますが、
これは息子スティックのことではなく、

純粋に場所を示す『あそこ』になりますww

確かにチョギって韓国人がよく使う言葉ですよね。
「あっち」とか「こっち」とか

一般的によく使う言葉ですから、豊田さんはそれを聞いて、
まあ何を勘違いしたかはしりませんが

チョギという言葉を使ってみたんじゃないでしょうか。
要するに言ってみたかっただけw

スポンサーリンク

チョギは差別用語か?

チョギは差別用語ではないですね。

確かに韓国語だから、一部の嫌韓の人達が使う
『チョン』や『ニダ』のような差別用語と
一緒にしがちですが

『チョギ』という言葉は聞いたことありませんし、
これを悪口にするのもズレていますねw

豊田さんが本当に何を思って
チョギと言ったかは定かではありませんが、

ボクが思うに元秘書の人を『お前は韓国人のようにバカな奴』
という意味でいったんじゃないでしょうかね。

要するに彼女の中では差別用語ということです。

まあ、そうなってくると勿論韓国の人にも失礼ですし、
豊田さんが他人を見下しているという悪評にも

ますます拍車がかかってきます。

まとめ

では今回のまとめです。

  • チョギは韓国語だと思われるが悪口ではない。
  • 豊田真由子さんの中ではチョギは差別用語かもしれないが、実際は差別用語ではない。

以上になります。

因果応報という言葉がありますが、
豊田さんが今まで秘書の人達にしてきたことが

こんな形で自分に帰ってくるとは
まさか思ってもいなかったことでしょうね。

おそらく世間はしばらくこの話題で
持ちきりになるでしょう。

まあ、それより北朝鮮のミサイルのほうを
心配したほうがよさげかもしれませんが・・・・

ではではボクはまた次のお宝を探してきます!サンキュージェントルマン!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする