【星奈津美】バセドウ病を手術して戦い抜いた女性!引退の理由は?


ど~もです、紳士の皆さま!
ヤドカリ男のセージです!

ネットの海をサルベージしてたら、
見つけましたよ!お宝を!!

フム、これはどうやら

リオデジャネイロのオリンピック
女子200mバタフライで銅メダルを獲得した水泳選手

星奈津美さんですね!

星奈津美さんはバセドウ病にかかっていたようで
ながい闘病の末、手術をしたといわれています。

気になる引退理由は結婚だという噂も

果たしてホントかマユツバか
鑑定してみました!

スポンサーリンク

というかバセドウ病ってどんな病気

バセドウ病の症状をザックリとだけ説明しますね。

バセドウ病は甲状腺からのホルモン分泌が
過剰になることで全身の代謝が高まる病気です。

代謝が高まると食べ物を沢山食べる様になるのですが、
体重も減っていきます。

なにやら夢の様な病気ですが、全身の体温が上がって
汗をかくようにもなりますから、

女性にとってはあまり嬉しくもない病気ですね~。

精神面で起きる影響は、興奮しやすくなり、
疲れやすくもなります。イライラして怒りっぽくもなります。

動悸なども一日中感じる様になります。
手の震えや全身の痙攣を起こすこともあるようです。

代謝がたかくなりますのでトイレに行く回数も増え、
喉には甲状腺の腫れなどがみられます。

時々目が飛び出る人がいるみたいですが、
どうやら、それは稀だそうですね。

星奈津美さんは一体いつ頃から
こんな病気と闘っていたのでしょうか?

星奈津美さんはバセドウ病で手術もした?

星奈津美さんがバセドウ病になったのは
なんと16歳のころだそうです。

奈津美さんは一歳のころからベビースイミング
通わされていたそうで、

ホンットに赤ちゃんの頃から泳ぎを
学んでいたようですね~。

そんな星奈津美さんでしたから16歳で
バセドウ病になったなんてショックだったでしょう。

どうやら泳げなくなる時期もあったそうで、
三ヶ月に一回の定期健診と薬の服用が必要でした。辛いですね。

2014年頃に、あまりにも全身の倦怠感や疲労感が
つよくなり、ついに手術を決断したそうです。

その手術で甲状腺を全摘出したそうですが、
大丈夫なんでしょうか?

どうやら甲状腺を摘出してしますと
甲状腺ホルモンが分泌されなくなりますから

ホルモンを薬として服用することになるようです。
ですが、この薬は副作用がないようですね。よかった~。

手術後、本来復帰するのにかなりの期間を
必要とするバセドウ病っですが、

星奈津美さんはわずか9カ月で
復帰してオリンピックに出場します!

その後、奈津美さんは2016年に引退を表明します。

スポンサーリンク

星奈津美さんの引退理由

星奈津美さんの引退理由ですが、
奈津美さん自身が理由を言っていないので

ハッキリとしたことはわかっていません。

ですが、ボク個人の考えですが、やっぱりバセドウ病が
関係しているんじゃないですかね~。

甲状腺を摘出したわけですが、
それってやっぱり日常生活に支障が

ある程度は出るってことですよね。
いくら薬を服用していようと。

あと、星奈津美さんは2016年に
一般男性と結婚をしましたから、

そういう意味でも、もうそろそろ引退を
考えていたんじゃないですかね~。

まとめ

では今回のまとめです。

  • 星奈津美さんはバセドウ病だった。
  • 星奈津美さんは手術で甲状腺を全摘出した。
  • 星奈津美さんの引退理由は不明。

以上になります。

病気になっても没頭できるくらい
好きなことがあるって

本当に羨ましいですね~。

普通病気になったら諦めてしまう人が
ほとんどなんじゃないでしょうか?

ボクも少しは星さんを見習わなきゃならんな~。

ではではボクはまた次のお宝を探してきます!サンキュージェントルマン!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする