【夏に足がつるんじゃあ!!】原因は?ミネラル対策でセイグッバイ!


さて、今日も一日ガンバルぞいっ!

バキバキバキッ!

ギャー、足がつった!!

夏は足がつる季節でもあります。

でも、結構かんたんな対策で
予防することが出来るのです。

今回は足のつりに悩んでいる
ジェントルマンに、

原因と対策をお教えします!

スポンサーリンク

夏になると足がつる原因

夏場に足がつる原因は色々あります。

リストを書いていきますね。

あなたはどれにあてはまるでしょうか?

ミネラルの不足

夏の偏った食生活で体内の
ミネラルが不足すると、

足がつってしまいます。

確かに夏はついソウメンばかり
食べてしまいますよね。

だって簡単なんですもん。

水分不足

スポーツをしている時って
汗をかくじゃないですか。

そうすると体内の水分が
減って、ミネラルも失われます。

同様の理由で寝ている時にも
汗をかいて水分が失われますよね。

寝ているときや、朝起きた時とかに
足がつる人がいますが、

これが原因だったんですね。

筋肉の疲れ

ふだん運動していない人が
激しい運動などをすると、

筋肉がつることがあります。

単純な筋肉疲労ですが、

運動したあとはストレッチなどをして
筋肉をリラックスさせてあげることが大切です。

下半身の冷え

今度は上の例とは逆で
運動のしなさすぎで起こるものです。

運動しないと血流が悪くなって
筋肉に影響してきます。

ですので適度な運動が必要になってきます。

スポンサーリンク

足のつりはミネラル対策で

上でミネラルが不足しているのが
原因と書きましたが、

じゃあ、一体なんのミネラルが
不足しているのかって話ですけど、

マグネシウムというミネラルです。

ミネラルを簡単にとる方法

マグネシウムに限らずミネラルを
もっとも簡単に、かつ迅速に

とる方法をご紹介します。

それはサプリメントです。

ドラッグストアなどに行くと
必ず売っていますが沢山の

サプリメントが売られていますよ。

しかも、それほど高くないので
夏にはマグネシウムやその他のミネラルの

サプリメントを利用すると便利です。

ちなみにボクも時々利用しますが、

おススメはマルチビタミンと
マルチミネラルが一緒になっているやつ。

男の一人暮らしって結構
栄養が偏るじゃないですか。

てか何が不足してるのかすらわからない・・・・

だから、まとめてとれるものが
メンドクなくて楽ちんですよ。

➡【23種の栄養素がまとめてとれる!】DHC マルチビタミン/ミネラル+Q10 20日分はこちら【楽天】

↑はボクがよく買うサプリメントです。

20日分のものしか
売られていないのが

たまにキズですが、

一日5粒でまとめて栄養素が
とれるのでおススメです。

➡【あす楽対応】DHC マルチミネラル 60日分はこちら

↑はミネラルだけのものですね。

ビタミン/ミネラルのもの
より安いですし、

なにより60日分もあるので

ちょくちょく買わなくて安心です。

その他の対策

適度な運動

上にも書きましたが、

もしあなたがふだん
運動をしない人なら、

激しい運動はしないで
適度な運動を心がけましょう。

サッカーやランニングなど
はげしいものよりも、

ヨガや軽い筋トレとかのほうが
自宅でできるからおススメです。

ボクも時々YOUTUBEなどを検索しますが、

沢山でてきて面白いですよ。

水分を適度にとる

寝るまえとか夜トイレに
行きたくないから、

水を飲みたくないって人は多いでしょう。

でも、寝てる時って汗で結構
身体の水分ってうばわれてます。

ボクは寝る時はコップ半分くらいの
水を飲むようにしてます。

一杯のときよりかは尿意が
ひどくないのでおススメですね。

病院に行く必要性は?

あなたはまだ若いから病院に
行く必要はないと思いますよ。

でも、もし上記の対策を
しているのにまだ治らないとか、

夏以外にも慢性的に
足がつるとかだったら、

一度病院に行くことをおススメしますね。

足のつりは、

内科、神経内科、整形外科

などで相談してみましょう。

まとめ

では今回のまとめです。

  • 夏になると足がつるのはミネラルと水分の不足、
    筋肉の疲労や運動不足が原因。
  • 足のつりはミネラルや水分、適度な運動で改善できる。
  • 慢性的な足のつりなら、病院にいってみる。

になります。

寝てる時とか朝起きた時とかに
足がつるとビックリしますよね。

ちなみにボクは子供の頃
寝ている最中に膝の関節が

外れたことがありますww

死ぬほどビビりましたね。

なんでやろ?

では今回はこの辺で。

サンキュージェントルマン!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする