食中毒を自宅療法で治すには?潜伏期間と応急措置について


食中毒になっちゃったけど病院に行きたくない、
もしくは行けないというかたはいるでしょう。

ここでは食中毒の軽度な症状についての自宅療法をご紹介します。

あくまで軽度ですので、ヤバいと思ったら
すぐに病院にいきましょう!

スポンサーリンク

食中毒の自宅療法と応急措置

軽度の食中毒とは?

食中毒の症状はどれもかなり似ていて

下痢、嘔吐、腹痛や発熱などです。

なお、初期は軽度に見えても時間が経つにつれて
症状が重大になってくることもありますので注意が必要です。

軽度の食中毒は、下痢や嘔吐を繰り返すことで
少しづつ症状が緩和していき、数日から1週間程度で治ります。

実際食中毒の多くはこの方法で治ると言われています。

自宅療法も応急措置もやることは同じ

食中毒の症状に下痢、嘔吐、腹痛や発熱がありますが、

まず下痢と嘔吐は我慢せずにとにかく体外に出すことが重要です。

これは体が悪いウィルスや菌を追い出そうとしておこる
防衛反応ですので、出るものはとにかく外に出してしまいましょう。

そしてその後、あなたがとるべき行動はまず、
下痢や嘔吐で失った水分を補給することです。

水分補給をする際はキンキンに冷えた水などは避けて、

常温もしくは温めた水またはスポーツ飲料をゆっくり飲むようにします。

これは脱水症状を防ぐためのものですが、下痢や嘔吐の症状が
出ている時点ではボク達の身体は水分を受け付けません。

ですので症状が出始めて5~6時間経過した後に飲むようにします。

脱水症状があまり長く続くと身体の機能がよわり

最悪は死亡するケースがありますから水分補給は怠らないようにしましょう。

食中毒の際に気を付けるべき食べ物

嘔吐や下痢を繰り返して胃腸が弱っているので刺激の強い物、
消化困難なものは控えるようにしましょう。

以下のものは特に控えます。

  • 辛い物
  • 脂っこい物
  • かたい食べ物
  • アルコール
  • 食物繊維の多い物(消化できないから)

食欲はあまりないかもしれませんが、
上記以外でならお好きなものを食べるとイイでしょう。

絶対にやってはいけない事

自宅療法のつもりでも、下痢や嘔吐がつらいから
市販の下痢止めなどを飲むのは絶対にやめましょう。

上にも書きましたが、身体はとにかく悪い物を外に出そうとします。

それらを止めると体内にウィルスや菌をとどめることになり、

悪化の危険性がありますので絶対に薬の服用はしない様にします。

菌の潜伏期間と病院に行く必要性

残念ながら菌やウィルスの潜伏期間はそれぞれですので、

あなたがなんの菌に感染したかはお医者さんしか知りません。

しかし軽度のものなら個人差はありあますが、
数日か一週間で治ると言われています。

ですがO157などは初期の段階では軽度のものと
区別がつきにくい場合があります。

ちなみに数日たっても症状が一行に回復しない、

もしくは自然毒食中毒(フグ、キノコ)の場合は速やかに病院にいきましょう。

スポンサーリンク

職場やアルバイトにはいかない方がイイ

もしあなたがノロウィルスに感染していた場合、

職場で二次感染する可能性があります。

ノロウィルスは二枚貝などを食べると感染するケースがあり、

嘔吐物に接触することでも感染することがあります。

ですから、もしこれらに心当たりがあるなら職場にいくのはやめた方がいいでしょう。

飲食店に損害賠償を請求することはできるか?

もしあなたが行った飲食店に損害賠償や慰謝料を請求したい場合、

かならず医師の診断が必要になります。

その後保健所に相談するわけですが、食中毒の原因を
しっかり特定できなければ保健所も動いてくれないでしょう。

仮に裁判になっても科学的根拠が提示できない場合は、

裁判所も有罪にはできず、やはりお店側に慰謝料などを請求するのは難しいです。

終わりに

ボクなども時々変なものを食べてハライタや下痢になることがありますが,基本安静にしていれば治ります。

2日くらいお腹に違和感は残りますが、病院に行ったことは一度もないです。

メンドイですしねww

以上食中毒を自宅で治す方法について書いてきましたが、

以下に当てはまる方はすぐに病院に行きましょう!

  • 自然毒(フグ、キノコ等)が原因の場合
  • 血便が出た場合(O157の可能性あり)
  • 意識がもうろうとする場合、呼吸が激しく乱れる場合
  • 嘔吐、下痢が全く止まらない場合

食中毒は基本的な症状はどれも似ていますが、
菌やウィルスなどでその危険度に違いが出てきます。

自宅療法で治るものはあくまで軽度のもので、

素人には判別が困難なところもありますので、

ヤバいなと思ったら病院で診てもらうことをおススメします。

それでは読んでいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする